So-net無料ブログ作成

採用面接での「何か質問はありますか?」をチャンスに変える5つの質問例

<スポンサードリンク>




採用面接の最後に聞かれるお決まりといえば「何か質問はありますか?」でしょう。しかし、ほとんどの面接で必ずといっていいほど聞かれる質問にも関わらず、返答を準備していない面接者があまりにも多いように思います。場合によっては、この返答は面接の中でも一番大事なものになり得ます。返答によって、面接官はあなたが何を一番重要視しているかがわかるからです。

万が一「いえ、聞きたいことはすでに聞きました」とでも答えようものなら、面接官には会社に興味がない、無関心な人だと思われてしまいます。さらに良くないのは、今までの面接の印象を一瞬で台無しにしてしまうような質問をすることです。「どのくらい在宅勤務をすることができますか?」、「PRの担当者になるには、どのくらいこのチームで働かなければなりませんか?」、これらは実際に面接で聞いた、悪い質問の例です。

このような質問をすると、「一番の重要事項はできるだけ会社に来ないようにすることか」だとか、「チームの成功のために働くことに本当は興味がない」と、思われかねません。ここで働くのは、もっとやりたい他のことのための足がかりにすぎないのかとさえ勘ぐられてしまいます。残念ながら、履歴書はゴミ箱行きの運命となってしまうでしょう。

逆にいうと、この質問は絶好のチャンスでもあるのです。良い質問を返せれば、自分のポジションが志望するところに合っているのかを確認できるだけでなく、面接官に多面的な考え方や問題解決ができる人だという印象を与えることもできます。

あらゆる状況に合わせて、3つほど質問を準備しておくのが理想的です。面接官が求めるような質問をするにはコツがあります。以下に、対人の面接でも、電話での面接でも使える質問の例を5つ挙げますので、参考にしてみてください。

<スポンサードリンク>




・ 「このポジションに求められる、チームにとって必要なことは何でしょうか?」

私がもっとも気に入っている質問です。チームに空きがあるということは、何かすぐに必要なものがあるということです。新しいプロジェクトを始めようとしているところだったり、必要なのに欠けているスキルがあったりすることが多いです。出てきた答えがどんなものであれ、自分がその隙間を埋めるにふさわしい人間かをアピールする材料になるはずです。自分の経験や専門性が、間違いなく相手の求めるものであるということを説明できるようになります。



・ 「入社後、すぐに貢献できそうなプロジェクトはどんなものでしょうか?」

入社して一番のストレスといえば、環境に慣れつつ、周囲の状況を理解するのに時間が掛かることです。あなたがこのような質問をすると、できるだけ早く会社になじみ、すぐにプロジェクトに貢献する方法を探しているという印象を与えることができます。また、そのプロジェクトに貢献できる人間だと、再度売り込めるのもポイントが高いです。面接官の返答によっては、次の面接や仕事に就く前に、磨きをかける必要があるスキルもわかります。



・ 「仕事をより良く、もっとうまくやる方法を探していますか?」

面接でどのようなやり取りがあったかにもよりますが、この質問で、自分は社内に新しい風を入れる人間になる、ということを面接官にアピールできます。会社というのは、基本的な仕事ができて、来る仕事をただこなして、給料がもらえればそれでいい、というような人が多いのがほとんどです。ただおとなしく仕事をこなしていれば満足というのではなく、何かを変えてやろうというような人を求めている場合は、このような質問がいいでしょう。自分の存在感をアピールできるだけでなく、その会社が自由にさせてくれるだけの余裕があるのか確認もできれば、入社後ものびのびと仕事ができるようになります。



・ 「御社の目指す『成功』とは、どのようなことか教えていただけますか?」

この質問は、直属の上司や同僚となる相手ではなく、重役に対して使うと有効な質問です。こびへつらうのが好きな人はいないでしょうが、重役に対してもオープンで正直にコミュニケーションをしようとしていることが伝わり、大きく点数が稼げるはずです。また、自分が将来の重役候補になれるかどうかのバロメーターとしても使えます。転職者なら、前職でどのように会社の成功に貢献してきたか、という話につなげることもできます。

・ 「このチームのいつもの一日がどのようなものか教えていただけますか?」

この質問は最後でなくても、場を和やかにするのにいつでも使えます。面接の時にありがちな緊張感をなごませてくれるはずです。面接官が答えに窮していたら、相手の負担が軽くなるように手助けしましょう。ポジティブな答えが返ってきたら、自分がその職場にはかなりふさわしく、そのポジションで貢献できることが楽しみだということを強調しましょう。

これらの他にも、面接を控えている人は何かしらの返答を準備しておきましょう。「何か質問はありますか?」と聞かれるのは、ほぼ間違いないですから。


いかがでしょうか。日本の就職面接、特に新卒での総合職採用では、チームやプロジェクト単位での質問はややフィットしない場合もありそうです。その際には、対象をチームではなく会社規模にする、面接担当者のチームについて聞くなど、アレンジしてみてください。いずれにせよ大切なのは、最後の逆質問で、あなたが必要であるかを面接官が見極める材料をしっかりと残すことでしょう。そして、最後だけでなく、面接は「最初の2分」で決まるかもしれない、というのも忘れずに。
<スポンサードリンク>




【オススメ記事】

志望動機で通る人 志望動機で落ちる人。 志望動機で言うべきこと 言っては絶対いけないこと
http://picts-twitter.com/web/204/

アルコールのニオイがする彼女の日記
http://picts-twitter.com/web/99/

妻の祈り
http://picts-twitter.com/web/mother/

志望動機で通る人 志望動機で落ちる人。 志望動機で言うべきこと 言っては絶対いけないこと

<スポンサードリンク>




・志望動機は、会社のオベンチャラを言っていいのか

自己紹介が終わったら、
「それでは、志望動機をおっしゃってください」
というふうに進む。
「御社は、業界2位で、1位にはない活気があって、クリエイティブ力も優れていて……」
という[オベンチャラ男]が多い。

志望動機は、会社のオベンチャラを言うことではない。
だから、古い面接本にある、「御社の将来性と、自由な社風」というのが、言葉づかい以前に、根本的にハズレであることがわかると思う。
会社のオベンチャラを言えば、面接官も気持ちいいから、和やかに話は進むだろう、というのは、素人の発想で、同じオベンチャラを何百回と聞かされるとウンザリする。
どうせオベンチャラなら、ユニークなものにしてほしいのだが、どれもこれも浅くて似たり寄ったりなのだ。
だからといって、けなせと言っているのではない。

面接は、あくまで自分を売り込みに行く取引だ。
「私は、あなたの会社を、きっと儲けさせますよ。こんな人間を採らないと損ですよ」
という自分の売り込みなのだ。
いくら会社をほめても、自分の売り込みにはならないのだ。

「御社の将来性」ではなくて「自分の将来性」でないといけないのだ。
志望動機がどうしても難しかったら、その問題は捨てるつもりで、自己紹介をもっと考えるのだ。
そうすると、志望動機のヒントが浮かんでくる。
なぜなら、志望動機は、自己紹介の中に、必ず隠されているからだ。
自己紹介があやふやなうちは、志望動機に手を付けるな。
自己紹介がまともにできなくて、志望動機が言えるわけがないのだ。自己紹介は答えがないので難しい。自己紹介から逃げてはいけない。
数学でいえば、この2つの設問はつながっていて、設問①の答えが間違っているのに、設問②の答えが合うわけがないのだ。

会社へのオベンチャラを言わない。 志望動機にいきづまったら自己紹介に戻る。 志望動機は、自己紹介の中にある。




・その会社を選んだ理由が特に見つからなかったらどうすればいいのか

実際には、「志望動機をおっしゃってください」というより、「我が社を選ばれた理由をおっしゃってください」という聞かれ方が多い。
自分を売り込もうと思ったのに、その会社を選んだ理由なんて、何て言えばいいのだろう。やっぱり、「御社の将来性……」になってしまうではないか。
別に、A社がダメならB社でもC社でもいいのだ。でも、A社が一番好きだというのには間違いはない。そう、なんとなく好きだからという感覚が、一番正直なところなのだ。

たとえ、正直なところでも、「なんとなく好きだから」では通るわけがない。
じゃあ好きな理由を、論理的に展開すればいいのか。
前頁をもう一度読み直してほしい。オベンチャラは言わなくていい、と言ったはずだ。その会社を好きな理由というのは、結局、その会社のオベンチャラになっていくのだ。

この泥沼にはまったら、たかだか10分の面接時間は、泥沼から脱出する前に終わってしまう。志望動機を聞かれて、
「人が好きだから」
「人と接するのが好きだから」
という下手な選挙ポスターみたいな答えをする人が、かなりいる。100人中95人は言う答えだ。人間嫌いの人がそれだけ少ないということなのだが、そんなことは志望動機にも何にもならない。

「御社は、完全週休2日制で、労働環境もよく、リゾートホテルの施設も整っているから」
という答えもはずれだ。



「我が社を選んだ理由をおっしゃってください」という質問と、 「志望動機をおっしゃってください」という質問は、どう違うのだろうか。

実は、同じ質問なのだ。志望動機とは、一言で言って何なのか。

「これから、その会社に入って何をやりたいか」
「これから何をやりたいか」ということなのだ。
だから、週休2日制、という答えがはずれなのだ。

「どういうジャーナリストになりたいですか」
「どういう広告マンになりたいですか」
「入社後の抱負は何ですか」
「今あなたの一番の関心事は何ですか」
「企業の社会的責任は何ですか」
「今後、我が社はどうあるべきだと思いますか」
「あなたは我が社にとって、どういう戦力になれると思いますか」
いずれも、「これから何をやりたいか」なのだ。

「どんな雑誌をやりたいですか」と聞かれたら、
「自分だったら、あの雑誌のここのところをこんなふうにしてみたい。こんな特集をつくってみたい」と言うのである。

「自分は、この会社に入ってこういうことをやりたい。それは、会社に、多大な利益をもたらすであろう。だから、あなたは、私を採らないと損ですよ」という売り込みなのだ。

君の「これからやりたいこと」が、会社に利益を与えそうだと面接官が判断すれば、会社は、君を採ってくれるのだ。

面接は、志望者と会社の、1対1の取引だ。関係は、対等なのだ。
「もし、私の企画を買わないのであれば、他社に持っていくしかない。そうすれば、みすみす、自社に利益になったものを逃して、ライバル会社にとられることになる。あなたの会社は、2倍の損をしたことになる。それでもよいのか」
というぐらいの気構えが欲しい。

まだ入社もしていない新入社員が企画を言うなんてちゃんちゃらおかしいと言われるかもしれない。そんなことを今から言ったって通るわけがないと言う人もいる。
肝心なのはそういうことではない。現時点でできるかどうかという実現性や企画の中身よりも、そういうことを一生懸命考える意志を持っている人間かどうかが試されるのだ。

<スポンサードリンク>




志望動機は「会社で何をやりたいか」。 君のやりたいことが 会社に利益を与えることを売り込む



会社のことは、どれだけ事前調査をしたらいいのか

会社説明会に出席すると、本番の試験の前に、必ず会社案内のパンフレットが渡される。
ここにも、その他大勢の志望者が陥る落とし穴が隠されている。
パンフレットの読み方についてである。

つい、自分の憧れの会社なものだから、思い入れいっぱいで、暗記するほど、読み込んでしまうのだ。
志望動機を言うとき、いきおい、会社案内やホームページに書いてある言葉を使ってしまうのだ。

「生活者の視点に立ってものを見つめる」「ライフデザインを提案する」「人と人とを結ぶ」
といった、企業のスローガンを、そのまんま、自分の志望動機にしてしまう人が、10人中9人はいる。
残りの1人は、パンフレットやホームページを読んでなかった人だ、というぐらい多い。

志望動機の中に、企業のスローガンを入れなければいけないと、頭から思い込んでいるからなのだ。

志望動機を言うとき、パンフレットやホームページに載っている言葉は、いっさい使わない。
企業のスローガンと、志望者の志望動機が一致している場合、有利になるか。
有利になんかならない。

志望者のほとんどが使うということもあるし、結局、他人の言葉は残らないということなのだ。

就職情報サイトなどに載る各企業の人事部長の『こんな人材が欲しい』という記事を、そのまま丸暗記して、志望動機にしている人がかなりいる。
みんな自分くらいはと思ってるのだが、同工多数なのだ。
その会社に媚びれば、同工多数になるのが当たり前なのだ。

一般に君たちは、好かれようとするあまり、媚びてしまう傾向にある。
「では、いっさいその会社について調べないほうがいいのですか」
と食い下がる人がいる。
もちろんそんなことはない。

自分の受ける会社については、入社案内のパンフレットやホームページはもちろんのこと、書店の就職コーナーにある業界解説の本もたくさん読んでいったほうが、なんらかの参考になる。

ただし、読み方が問題だ。
結構、会社のことを調べてきている人にかぎって、
「週刊□□の□□というコーナーをやりたい」
「金曜夜10時からの□□の出ている□□というドラマをやりたい」
「□□電機が冠になっているゴルフトーナメントの仕事がしたい」
とか言うのである。

それらの仕事は、既にその会社でやっている人がいるわけで、ということは、「間に合ってます。その担当者が定年になるまで待ってください」ということになる。
「それはわかっています。そのお手伝いをしたいのです」
と食い下がったらどうか。
「お手伝い希望なら、下請け会社のほうがいいでしょう」
となる。同じ仕事をするのに、2人も要らないのだ。

「会社が新人を採るのは、会社の弱いところの補強を求めていると思うので、一番弱いところを調べて、そこをやりたい、というのはどうですか」
「弱いからやりたい」というのも、会社に自分を合わせている意味で、媚びているのだ。
弱い部分が、自分の興味のないものだったらどうするのか。
さらに、弱い部分を強調する危険性は、本当に弱いかどうかわからないし、受ける会社すべての弱いところを調べるのは大変だ。
面接官がその担当の場合は結局けなすことになる。

その会社でやってないことをやりたいと言って、
「我が社ではそんなことはやってないよ。会社を間違えたんじゃないの」
と言われたらどうするか。

この変化が激しい時代に、そんな頭のカタイことを言っているような会社は、もう長くないと見切りをつけて、こちらのほうから、おいとましたほうがいい。

「でも、結局、面接はタテマエではないのですか」
という寂しい人がいる。
タテマエで話していたのでは、熱意なんか伝わらないのだ。
タテマエで押すと、必ず見抜かれる。

志望する会社のお店があるなら、実際に行ってみる。スーパーやデパートだったらお店に行ってみる。メーカーだったら、実際の商品を実際に見てみたり買ってみる。
「実際に行ってみたのですが」から話を始めると、話は具体的になっていく。
消費財メーカーでなく生産財メーカーだったら、父親に「この会社ってどんな会社なの」と聞いてみればいい。先輩の社会人である父親の情報は貴重だ。

数多くある会社の中から興味を持ったということは、よほど何か理由がある。
面接官は会社のおべんちゃらなど一切求めていない。
「我が社を選んだあなたはどういう人なのですか」
「あなたはどういう人だから我が社を選んだのですか」
本当はそこを聞きたい。

志望動機とは、自己紹介の一部なのだ。

<スポンサードリンク>




【オススメ記事】

アルコールのニオイがする彼女の日記
http://picts-twitter.com/web/99/

妻の祈り
http://picts-twitter.com/web/mother/

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。