So-net無料ブログ作成

STAP細胞:研究白紙に、主論文撤回 小保方氏が同意

<スポンサードリンク>




理化学研究所の
STAP細胞論文問題で、
理研が不正と認定した
主要な論文について、
小保方(おぼかた)晴子
研究ユニットリーダー(30)が
撤回に同意したことが分かった。

理研が4日、明らかにした。
複数の関係者によると、
もう一人の責任著者である
米ハーバード大の
チャールズ・バカンティ教授も
撤回の意向を示しているという。

STAP細胞の研究は
白紙になる見通しだ。

 理研によると、
小保方氏から今月3日、
共著者の丹羽仁史
理研プロジェクトリーダーに
書面で連絡があったという。

 英科学誌ネイチャーに
掲載された論文は、
STAP細胞の
作製方法などを示した
1本目の主論文と、
STAP細胞から作られた
幹細胞の性質などを記述した
2本目の論文から構成されている。

理研は主論文について
捏造(ねつぞう)などの
不正があったと認定し、
撤回を勧告していた。

 小保方氏は
理研調査委員会の
調査結果を受けた
4月9日の記者会見で

「論文を撤回すると、国際的にはこのSTAP現象は完全に間違いと発表したことになる」

と撤回を否定し、
その後も代理人の
三木秀夫弁護士を通じて
同様の意向を示していた。

しかし、5月下旬、
科学者の間で
新たな疑義が指摘
されていた2本目の
論文については
撤回に同意していた。

<スポンサードリンク>




 主論文の
共著者8人のうち、
丹羽氏のほか、
笹井芳樹・理研発生・再生科学総合研究センター副センター長や若山照彦・山梨大教授は既に撤回に同意している。


 三木弁護士は4日、報道陣に

「撤回を強く主張している共著者がおり、小保方氏から『撤回をテーマに共著者間で協議している』

と聞いている」と話した。


 【ことば】
STAP細胞論文問題

 理化学研究所の
小保方晴子
研究ユニットリーダーらが
今年1月、マウスのリンパ球を
弱酸性の溶液につけるなど
刺激を与えるだけで、
新しい万能細胞
「STAP細胞」を作製したと
英科学誌ネイチャーに発表した。

しかし、直後から
インターネットなどで
疑問の指摘が相次ぎ、
理研が調査委員会を設置。

調査委は3月、
2カ所の画像データについて、
それぞれ改ざん、
捏造(ねつぞう)が
あったとして、小保方氏の
研究不正を認定した。

小保方氏は
不服申し立てをしたが、
調査委は再調査は
行わないことを決定した。

理研の懲戒委員会が
小保方氏らの
処分を検討している。

<スポンサードリンク>




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。